Axioryの出金方法

Axioryの出金方法を紹介します。

特におすすめは国内銀行送金『Curfex』です。

出金手数料が本当に無料なのはクレジットカード出金とCurfexだけなので、そのあたりも詳しく解説してみようと思います。

_

アキシオリーの出金方法で使えるのは5種類

アキシオリーの出金方法の「Skrill(スクリル)」と「Neteller(ネッテラー)」は、現在日本在住の人は使用停止になっています。

_

ネッテラーは2019年に日本の金融庁の認可を受けて復活したという話を耳にしましたが、アキシオリーが使うことが出来ないと書いているので使わない方が無難だと思います。

_

上記の2つを省いて使える出金方法は5種類です。

出金方法 手数料 出金時間 出金上限額
国内銀行送金 by Curfex 無料 1営業日以内 なし
国際銀行送金

無料

3~5営業日 なし
クレジットカード 無料 3~5営業日 入金額まで
STICPAY 無料 即時 なし
bitpay 無料 1~3営業日 なし

※2万円未満の出金申請に対してはどの出金方法でも一律1,500円の手数料が別途必要になります。

_

Axiory限定 国内銀行送金(Curfex)の出金方法

日本在住の人はCurfex(国内銀行送金サービス)を強くおすすめします。

理由は簡単で20,000円以上の出金に対して手数料がゼロ円、無料で出金することができ、しかも出金上限がありません。

_

出金申請額がそのまま自分の銀行口座に振り込まれます。

クレジットカードで出金する際も全く手数料は必要ないのですが、上限額はカード入金額までとなっているので、利益分の出金は他の違う決済方法を使うことになります。

Curfexとクレジットカード以外の出金方法は決済サービスの口座までの手数料はアキシオリーが負担してくれるので無料なのですが、決済サービスから自分の銀行口座への出金手数料は別途必要になります。

_

Curfexは、通貨はJPYで日本国内の銀行にだけ出金することができ、その他の国や通貨の場合は国際銀行送金を利用してください。

_

大手の金融機関コード(銀行コード) スイフトコード一覧

_

スイフトコードとは8桁の国際標準化機構で承認された金融機関識別コードの標準書式で、海外へ送金するためのコードです。

Axioryに銀行口座を登録するときに必要になります。

大手銀行の金融機関コード(銀行コード)とスイフトコード一覧
銀行名 銀行コード SWIFTコード
みずほ銀行 0001

MHCBJPJT

三菱UFJ銀行 0005 BOTKJPJT
三井住友銀行 0009 SMBCJPJT
りそな銀行 0010 DIWAJPJT
埼玉りそな銀行 0017 SAIBJPJT
ソニー銀行 0035 SNYBJPJT
楽天銀行 0036 RAKTJPJT
住信SBIネット銀行 0038 NTSSJPJT
じぶん銀行 0039 JICRJPJ1
イオン銀行 0040 未定
大和ネクスト銀行 0041 DNEXJPJT
ゆうちょ銀行 9900 JPPSJPJ1

_

Curfex(カーフェックス)の出金方法の手順

Curfexは一度でも入金実績があると出金方法として利用することができます。

_

MyAxioryへログイン後、『出金』をクリックし出金したい口座を選択します。

_

出金方法の「国内銀行送金 by Curfex」を選択します。

_

_

『新しい銀行口座を追加する』をクリックし、必要事項を入力していきます。

_

銀行所在国 Japan
口座通貨 JPY
銀行名(英語) (例)MIZUHO BANK,LTD.
支店名(英語) (例)Aozora Branch
銀行コード (例)0001
支店コード (例)001
口座番号 (例)1234567
SWIFTコード (例)MHCBJPJT
口座名義(英語)

(例)Taro Yamada

第三者名義の口座への出金は不可

口座名義(カタカナ) (例)ヤマダ タロウ
注意 特に入力する必要はありません

入力が終わりましたら『この銀行口座情報を保存する』をクリックします。

_

登録した銀行口座を選択して出金希望金額を入力し『国内銀行送金で出金する』をクリックすると出金申請は完了です。

最小出金額は1600円以上です。

出金申請が承認されてから2営業日で自分の銀行口座へ着金します。

_

国際銀行送金の出金方法の手順

海外銀行送金はCurfexと基本的に同じです。

_

MyAxioryから「出金」⇒「出金する口座」⇒「国際銀行送金」⇒「新しい銀行口座を追加する」までの手順は全く同じです。

_

追加した銀行口座を選択し、出金希望額の入力が終わりましたら『国際銀行送金で出金する』をクリックすると完了です。

_

海外送金はアキシオリーからの出金手数料は無料なのですが、受取銀行側のリフティングチャージ料2,500~4,000円程度が別途必要になります。

なので、海外送金を利用するのであればCurfexで出金することを強くおすすめします。

_

クレジットカードの出金方法の手順

クレジットカード出金はカード入金額までしか出金することができません。

クレジットカードのショッピング枠を使った入金なので、そのショッピング枠のキャンセルという形の処理になるので入金額が上限額になります。

上限額まで出金し口座残高に利益分が残る場合は、そのほかの決済手段で出金することが出来ます。

出金手順はMyAxioryへログイン後、「出金」をクリックし出金したい口座を選択します。

_

出金方法の『カード』をクリックします。

_

出金希望金額を入力し『カードへ出金する』をクリックすると出金申請は完了です。

_

STICPAY(スティックペイ)の出金方法の手順

クレジットカード出金の利益分の出金はSTICPAYからでも可能です。

出金手順はMyAxoryへログイン後、「出金」をクリックし出金したい口座を選択します。

_

スティックペイ(STICPAY)を選択します。

_

スティックペイに登録しているメールアドレス、もしくはスティックペイIDを入力し『このスティックペイアカウントを保存、使用する』をクリックします。

_

出金希望金額を入力し『スティックペイで出金する』をクリックすると完了です。

_

アキシオリーからスティックペイの口座までの出金手数料は無料ですが、そこから自分の銀行口座までは手数料が掛かってきます。

STICPAYから自分の銀行口座までの各種出金方法の手数料は以下の通りです。

_

出金方法 手数料 備考
国内銀行送金 600円+2.5% 送金限度額:50万円
海外銀行送金 5% 別途受取銀行手数料
仮想通貨 1%

_

即時入金、即時出金に対応しているというメリットはありますが、Axioryから直接国内銀行へ送金する方が一手間省けて良いように思います。

_

bitpay(ビットペイ)の出金方法の手順

MyAxioryへログイン後、「出金」をクリックし出金したい口座を選択します。

_

「bitpay」を選択します。

_

ビットコインアドレスを入力し、ビットコインウォレット名をⅤタブで選択します。

ビットコインウォレットの選択肢は以下の通りです。

_

BitPay Wallet Bitcion Core Breadwallet KryptoKit
Coinomi Copay AirBitz Mycelium
BitGo Wallet GreenAddress Bitcoin Wallet Electrum
Multibit HD Ledger Wallet Samourai Wallet Armory
bitWallet Blockchain Wallet other

_

入力が終わりましたら『このビットコインウォレットを保存、使用する』をクリックし、希望出金額を入力して『出金する』をクリックすると完了です。

_

Axioryは出金拒否などのトラブルとは皆無!

一時期、Bitwalletの騒動で出金時間が遅くなっていましたが、現在では何のトラブルも起こることなく心配することは何一つありません。

ただ、投資家側の出金申請ミスでの出金拒否は当然起こります。

_

例えばクレジットカードの入金額までカード出金をしていないのに国内銀行送金で申請を出した場合は出金申請を取り下げられます。

ポジションを保有したまま必要証拠金を残して出金することができるアキシオリーですが、口座残高が必要証拠金以下になるような出金リクエストも取り下げられます。

証拠金維持率が100%を下回らないように計算して申請を出してください。

_

証拠金維持率の計算方法は【有効証拠金】÷【必要証拠金】✖100=【証拠金維持率】です。

MT4では「ターミナル」を開いて『取引』を選択すると有効証拠金、必要証拠金、余剰証拠金、証拠金維持率すべて表示されています。

_

こういった出金する側のミス以外でトラブルになることは今までで一度もありません。

もし万が一、出金拒否などの問題が起こったとしても「The Financial Commission」というトラブルを解決してくれる専門機関に苦情を申し立てることができる制度がアキシオリーには用意されているのでご安心ください。

_

Axioryの出金方法 まとめ

アキシオリー出金方法のおすすめはCurfexです。

実質手数料無料で制限なしで出金できる唯一の方法です。

_

国内送金が導入される前までは海外送金を使っていたのですが、それほど大した額ではない手数料ですが、それが積み重なるとそれなりの金額になってきます。

入金履歴を一度残してしまえば、あとは自由に無料で出金できるCurfexは良いです。

Curfexの登録方法の記事もあるので、参考にしてください。

_

関連記事

海外FX Axioryの決済方法に採用された国内銀行送金Curfex。 Axioryにも信用され日本の金融庁の認可も受けた信頼性の高い資金移動サービスです。 国内送金で海外のFX口座に安い手数料で入金や出金をすることが出来ます。 [afTa[…]