TitanFX(タイタンFX)のスプレッドとレバレッジ

タイタンFXには「Zeroスタンダード」と「Zeroブレード」の2つの口座があります。

スプレッドとレバレッジがどれぐらい違うのか調べてみました。

 

ZeroスタンダードZeroブレード
レバレッジ最大500倍最大500倍
平均スプレッド
ドル円
1.330.33
ユーロドル1.20.2
ユーロ円1.740.74
手数料無料片道1Lot/$3.50

 

レバレッジはどちらも最大で500倍で、1倍~500倍の間の8段階で選択できます。

TitanFXだけです、口座残高に関係なくハイレバレッジを提示してくれているところは。

他のFX業者だと口座残高が200万円を超えてくるとレバレッジ100~200倍になってしまいます。

 

スプレッド平均は1pipsの差がありますが、Zeroブレードには10万通貨の取引で往復700円の手数料がかかってくるので、どちらが安いかというのは微妙なところです。

若干Zeroブレードの方が手数料込みでも安くなるのではないでしょうか。

 

(例)1ドル=100円のドル円を10万通貨でトレードしたときの手数料を計算してみました。

【スプレッド】✖【最小取引単位】✖【取引量】=手数料

 

Zeroスタンダードの場合

1.33pips✖0.01✖10万通貨=1330円

Zeroブレードの場合

0.33pips✖0.01✖10万通貨=330円

ここに往復の手数料700円がプラスされて1030円

 

スイングトレードなどトレード回数が少ない人はそれほど気になる金額差ではないですが、スキャルピングで取引回数が多い人にはZeroスタンダードだとボディブローのようにジワジワと効いてきそうです。

TitanFX スプレッドの最新記事