ファンダメンタルズとは

FXトレードの分析方法の1つでファンダメンタルズ分析について。

ファンダメンタルズとは

一国の国際収支,インフレ率,失業率の諸主要経済指標全般を指す概念として使われる用語。具体的な範囲は特に決まっていないが,一国の経済の健全性を見る上では,複数の経済指標を総合的に見るべきでありこの結果により,特に為替相場の水準を中長期的に決定するとされている。

ブリタニカ大百科事典より引用

 

簡単に書くとその国の経済状態を表す指数のことで、FXでは各国の経済指標発表がこれに分類されます。

米国の経済指標が毎月第1週の金曜日に発表されます。

  • 非農業部門雇用者数
  • 失業率
  • 貿易収支

この3つ指標が相場にかなりの影響力を及ぼします。

 

トレーダーは経済評論家ではないので、この指標を細かく分析する必要はなく、この指標で相場参加者がどのように反応したかを分析する必要があります。

分析方法としては

指標の結果が良かった指標の結果が悪かった微妙
相場が上昇強い上昇トレンド織り込み済みレンジ相場
相場が下落織り込み済み強い下降トレンドレンジ相場
反応なしレンジ相場レンジ相場レンジ相場

大まかに分けるとこのような感じになります。

織り込み済みとは、結果が良いのに下落した場合や悪いのに上昇した場合に経済評論家がよく使う言葉です。

この織り込み済みと言われるときは、相場の転換点もしくはトレンド終了の場面が多いです。

 

指標の結果が良いのに上昇しないでサポートラインを割り込んできたとなった場合、サポレジ転換でショートを狙うこともできます。

逆に指標の結果が悪いのに下落しないでレジスタンスラインをブレイクしてきた場合、これも先ほどと同じでレジサポ転換でロングを狙うことができます。

 

指標はファンダメンタルズ分析、レジサポ転換はテクニカル分析。

トレードはこの二つを上手に組み合わせてするものだと思いますよ。