レバレッジとは

FXトレードでハイレバレッジはリスクが高く危険だという風潮がありますが、そもそもレバレッジとは?何でしょうか。

 

レバレッジとは、簡単に言うと「てこの原理」で小さい力を大きな力に変える状態のことを意味します。

FXトレードだと少額の資金で大きな取引ができるということになります。

 

計算方法は

(現在レート✖ロット数)÷有効証拠金=レバレッジ

例えば、有効証拠金が500万円、1ドル100円のときに50万通貨で取引したときのレバレッジは10倍となります。

 

ただ、レバレッジの世間の認識は少し変わっていて

ハイレバレッジ=フルレバレッジ=危険

だと思っている人が思いのほか多いです。

ハイレバレッジは正しく使うことでトレーダーにとってはスゴイ味方になってくれる有難いシステムだということをこれからお伝えしていこうと思います。

 

レバレッジの正しい認識

レバレッジは確かに使い方次第では、資金を一気に溶かすことができる悪魔の剣になります。

それこそフルサイズのレバレッジでトレードすると一発退場です。

 

でも、それは国内FX会社の25倍というレバレッジでも同じです。

そもそもフルレバレッジとは口座残高=必要証拠金なので、レバレッジの大きさは関係ありません。

100万円のトレードで必要証拠金が4万円なのに口座残高は4万円しかない、これがフルレバレッジで、レバレッジの大きさは関係ありません。

 

ハイレバレッジが危険なのではなく、口座残高をフルで使うポジションサイズでトレードするトレーダーが危険なのです。

ポジションサイズとは、1回のトレードの取引量、ロットサイズのことです。

ポジションサイズを調節することで必然的に適正なレバレッジに調整されます。

 

ポジションサイズの調節のやり方はちょっと長くなるので、別記事で書きます。

 

FXでの本来のレバレッジとは?

てこの作用の「小さな力を大きな力に変える」ではなく、「小さな余剰資金を大きな余剰資金に変える」です。

余剰資金とは、多少増減してもトレードに支障のない資金のことです。

つまり、資金体力のことです。

 

レバレッジ規制で25倍までしかない国内のFX会社で必要証拠金が10万円必要だとしたら、海外FX業者のレバレッジ500倍のところでは国内FX会社の20分の1の5000円の証拠金だけでよくなります。

 

国内FX会社海外FX会社
レバレッジ25倍500倍
必要証拠金100,000円5,000円

これがハイレバレッジ効果で、差額の9万5千円の余剰資金が生まれるわけです。

トレードする通貨ペア、取引量はハイレバレッジでも25倍でも同じで、ハイレバレッジになったから、必要証拠金が減った分で取引量を増やすという行為が間違いです。

 

より安全にトレードをするなら、気にするところはレバレッジよりもポジションサイズですよ。