XMTradingの信頼性は?

海外のFX業者の中にはライセンスを取得せずに、もしくは取得したけれども登録抹消になったことを隠して運営している業者は少なくないです。

トレードで最も大切な資金を預ける口座ですから、銀行並みの信頼がないと預けることはできませんよね。

海外FXで最も人気のあるXMTradingの信頼性は高いのでしょうか?

口座に資金を預けても大丈夫なのでしょうか?検証してみます。

_

XMTradingの信頼性は?

信頼性の判断基準は3つあります。

  • 金融ライセンス
  • 取引方式
  • 信託保全

ゼロカットは海外FXでは今や当然のシステムなので、採用していないところは論外です。

_

XMTradingの金融ライセンス

XMTradingは証券ディーラーライセンス番号SD010 の下、セーシェル金融庁によって認可されています。

このライセンスはマイナーで審査基準が緩いので比較的安易に取得することができるので信頼性はそれほど高くないです。

_

あえてXMは信頼性の高くないマイナーなライセンスを取得するのか?

これには理由があって最近の海外FX事情で、日本人向けのサービスを提供するにはマイナーライセンスを取得することで可能になるからです。

簡潔にいうと日本の金融庁からの規制圧力から逃れるためです。

_

AxioryやTitanFXなども日本の金融庁と関係の深いイギリスやオーストラリアなどの審査基準の厳しいライセンスを取得せずに、マイナーなベリーズやバヌアツのライセンスを取得しているのもこのためです。

ひとつ勘違いしないでほしいのは、不正行為や詐欺などをするためにマイナーライセンスを取得したのではありません。

_

元々一つだったXMは日本の圧力から逃れるために作られた日本人向けサービス用の子会社がXMTradingになります。

日本人にハイレバレッジを提供したいという思いで取った苦肉の策です。

_

XMTradingの親会社Xm.comが取得しているライセンスが下記です。

法的商号: XM.COMは、Trading Point of Financial Instruments Ltd(キプロス、登録番号:HE 251334、登録住所:12 Richard & Verengaria Street, Araouzos Castle Court, 3rd Floor, 3042 Limassol, Cyprus)を完全に所有するTrading Point Holdings Ltd(登録番号:HE 322690、登録住所:12 Richard & Verengaria Street, Araouzos Castle Court, 3rd Floor 3042 Limassol, Cyprus)の商号です。

本ウェブサイトはTrading Point of Financial Instruments Ltd により管理、運営されています。

Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

FCA(FSA、英国)、登録番号538324 | BaFin 登録番号124161 | CNMV 登録番号2774。

引用元:XM.com公式サイト

これを見ると、日本の金融庁対策でセーシェル諸島のライセンスを取得していることが一目瞭然です。

親会社はキプロス、オーストラリアのライセンスを発行してもらっているので信頼性は申し分ないです。

_

XM.comha2009年に創業しているので、運営歴は10年以上になります。

悪い噂が一瞬で広がるこのご時世で10年以上の運営を続けているだけで信頼性は十分高いと思います。

_

XMTradingはNDD方式を採用

XMの公式サイトには詳しく記載されていないのですが、取引方式はNDD方式を採用しています。

サポートに確認を取ったので間違いないです。

弊社はNDD(ノーディーリング)方式を採用しており、
「ゼロ口座=ECN方式」と「スタンダード口座・マイクロ口座=STP方式」での運用となっております。 
 
ご注文は、弊社のサーバーに送信され集められ、弊社のリクイディティプロバイダーより
市場で最良の価格にて執行された後に、リスク管理モデルを元にリクイディティプロバイダーへ送られております
。 
引用元:XMTradingサポートメール

_

この取引方式を確認するのにわざわざサポートにメールで聞いたのかと言いますと、取引に関する透明性で信頼度を測ることができるからです。

NDD方式とはメールでの回答でもあるように、XMのネットワークサーバーを通してトレーダーの注文を、インターバンク市場から直接提供されるレートで処理する方法です。

_

トレーダーとインターバンク市場の間には何も仲介するものがなくリクオート(約定拒否)やレートずらしといった不正行為をすることが事実上不可能な取引方式です。

不正が出来ないシステム=信頼性

信頼性に直結する項目なので、口座を選ぶ際にはどうしてもチェックしておきたいポイントになります。

_

それに引き換え国内FX会社が採用しているDD方式は、NDD方式とは真逆でトレーダーが出した注文を自社のディーリングデスクで処理を行うため、どうしても処理方法が不透明になってしまいます。

そうなるとストップ狩りやレートずらし、約定拒否といった不正行為をされてもトレーダーからはそれが確認することができないブラックボックスになってしまいます。

現に国内FXでは約定拒否やレートずらしなどが密かに横行しています。

_

サーバーの強さや約定力の強さはこの取引方式で決まってしまうので、強い約定力が希望の場合はNDD方式の口座が良いです。

_

XMTradingは信託保全を完備

XMTradingは信託保全で完全分別管理の元、投資家の資金を管理しています。

公式サイトにも記載されています。

_

XMTradingTradexfin Limitedが運営しており、適用される法および規制に基づき、お客様の資金の安全性および消費者保護を確実にします。従いまして、XMTradingは以下を措置します。

・お客様の資金の分別管理
お客様のご資金は当社が用意する銀行口座へ移管され、分別管理されます。こちらの資金は当社の貸借対照表に含まれず、当社清算時に債権者への支払いに充当されることはありません。

・銀行口座
お客様のご資金および当社の運転資金は定評ある優良金融機関に預託しています。

・規制機関による監督
規制された証券ディーラーライセンス保持者として、弊社には厳格な金融要請に応える義務があります。従って、弊社はお客様の入金、会社の通貨ポジションの変動の可能性、その他の未払い経費を充当する 十分な流動資本を保持するよう法により義務付けられています。毎年の監査により不足が認められる場合には、弊社の内部監査法人により詳細が全て当局へ 報告される運用となります。

引用先:XMTrading公式サイト

文言で信託保全とは書かれていませんが、

『お客様のご資金は当社が用意する銀行口座へ移管され、分別管理されます。こちらの資金は当社の貸借対照表に含まれず、当社清算時に債権者への支払いに充当されることはありません。』

この一文が信託保全を示唆しています。

『貸借対照表』とは会社の財政状況が一目で分かる表のことです。

  • 会社が持っている「資産」
  • 返済する義務がある「負債」
  • 総資産から負債を差し引いた「純資産」

_

投資家の資金がここに含まれないということは、万が一の事態になったとしても差し押さえの対象にはならないということです。

海外FXで信託保全を完備しているのはアキシオリーとXMだけです。

_

XMTradingの信頼性は? まとめ

XMの評価はとても高いです。

信頼性と充実したボーナス。

初めて海外でFXを始めるならXMはとても良い口座だと思います。

_

海外FXでは間違いなくトップクラスのサービスを提供してくれているので、あとは好みの問題になります。

ボーナスの多いXMか、スワップポイントの高いAxioryか?

信頼度はどちらも負けておりません。

_

小額資金で始めるならXM、時間のないサラリーマンが始めるならAxioryといったところでしょうか。

とりあえず、この二つの口座を押さえておけば間違いないですよ。

_

XM公式サイトはこちら

関連記事

海外FXブローカーXMTradingは新規で口座を開設するだけで3000円のボーナスマネーが口座に付与されます。 いきなり入金しなくてもお試しでXMの口座を使ってくださいという粋な計らいです。 XMからすると使ってももらえれば、自社の良[…]

XM 評判の最新記事