海外FXの税金はどうなる?

国内のFX業者でトレードで得た利益は「分離課税」で一律で税率20%になっています。

サラリーマンの場合、年間の利益が20万円以下だと申告する必要がなく、主婦や自営業者は38万円以下だと課税対象にはなりませんが、これは所得税での話なので住民税には適用されないので、お気を付けください。

 

海外のFX業者でトレードすると、ちょっと税制が変わってきます。

トレードで得た利益は分離課税ではなく、総合課税(雑所得)として取り扱われため、利益が大きくなればなるほど、税率も高くなっていく仕組みになっています。 

累進課税なので仕方がないことなのですが、総合課税のすべてがマイナスなのかといえば、そうではないんです。 

 

年間の利益が196万円以上330万円以下の場合、分離課税の20%と同じ税率になります。

195万円以下だと税率は15%になり、分離課税で納税するよりも安くなります。

FX初心者が195万円以上の利益を簡単に出せるほど甘い世界ではないので海外のFX業者を推す理由はここにもあるんです。

 

国内FX業者では利益が195万円以下でも税率20%ですからね。

5%の税率は大きいですよ。

 

トレードで得た利益にはしっかりと税金がかかってくるということは国内、海外ともに共通なので、海外だから申告しなくてもバレないと思うのは間違いです。

国内の銀行に利益が入金された時点で、銀行は税務署に通知する義務があるのでごまかしは利きませんよ。

バレると追徴課税で余計に多くの税金を支払うことになりますから、税金は素直に払ってそれ以上にトレードで稼げばいいだけのことですからね。