FXのチャート分析

FXで最も重要なアイテム?と言っていいのがチャートです。

 

チャートとは

通貨間の価格帯をグラフで表したものです。

この画像に表示されているのは、ローソク足といわれるものです。

 

この画像はラインチャートで、他にもバーチャートなどがありますが、日本ではローソク足が主流となっていて情報を収集するのには欠かせないアイテム?になっています。

 

で、このチャートを使って相場の環境を分析するわけですが、チャートには時間軸があり、1本のローソクの表示する時間を変えることができます。

 

 
  • M1=1分足:ローソク足1本が1分間の値動き
  • M5=5分足:ローソク足1本が5分間の値動き
  • M15=15分足:ローソク足1本が15分間の値動き
  • M30=30分足:ローソク足1本が30分の値動き
  • H1=1時間足:ローソク足1本が1時間の値動き
  • H4=4時間足:ローソク足1本が4時間の値動き
  • D1=日足:ローソク足1本が1日の値動き
  • W1=週足:ローソク足1本が1週間の値動き
  • MN=月足:ローソク足1本が1か月の値動き

 

M1から時間経過が遅くなっていきます。

相場の大きな流れを見るにはH4やDI、W1のような長い時間軸のチャート表示で監視します。

逆にM1のような短い時間軸はスキャルピングのような超短期トレードで直近の値動きを監視するのに使います。 

 

時間軸が短くなるにつれて、チャート分析の難易度は高くなってきます。

なので、FXの初心者がトレードに慣れるまではポジションを保有してから決済するまでの期間が1日~1週間ぐらいのスイングトレードから入るのが無難なように思います。

 

チャート分析のコツ

チャート分析のコツは「長い時間足から分析する」です。

これはスキャルピングでも、デイトレード、スイングトレードでも共通することです。

トレードでエントリー場面を絞り込むことがチャート分析の狙いなので、大きな流れはどうなっているのか?ということを考えながら、自分のエントリーしたい時間足まで長い時間足から順に環境認識を行っていきます。

 

よくテレビや雑誌、ネットなどで簡単にマウスをポチっとして稼いでいるトレーダーの様子を見かけます、裏ではエントリー場面を絞り込む環境認識をしっかりとしています。

面倒に思うかもしれませんが、この環境認識をチャートで分析することがトレードの8割ぐらいを占めています。

あとの2割はエントリーする瞬間を見逃さいでポチっとできるかだけの作業でしかありません。

 

トレードで最も重要なことは相場環境をチャートで分析することです。